思いやりの心
金剛禅総本山少林寺 福井旭道院・福井成和道院

金剛禅総本山少林寺 福井旭道院・福井成和道院は、易筋行(少林寺拳法の修練)を通じて負けない心を養い、信頼できる仲間と楽しく集える場所です。変われる自分を信じ新しい自分を作ろう。

 トップ
福井旭道院・福井成和道院について
少林寺拳法について
六つの特徴
少林寺拳法が養うチカラとココロ
少年・ご家族の方へ
女性のあなたへ
一般社会人の方へ
ご年配の方へ
親子ではじめる少林寺拳法
中学生・高校生のあなたへ
拳士構成・修練日・場所
修練内容・修練時間割
道院長紹介
道院年間行事
拳友会年間行事
 アクセス
お問合せ・見学・体験
 ブログ
 twitter
 
 
 
 
 
 


元気な声
どんなことを学ぶの?  

道場で最初に学ぶのは、靴をそろえる(脚下照顧)挨拶をする(合掌礼)掃除をする(作務)身だしなみを整える(服装)言葉使い態度の6つです。
生活のルールをまず身につけます。 
二人一組の技術練習は、健康な体づくりに加え、互いの向上を願う思いやりの心を育みます。
また異世代が集まる道場で、団体生活のルールも学ぶことができます。




どんな練習をする?

(修練内容の一例です。)
・掃除で道場も心もピカピカ。
・座って静かに精神統一、気持ちを落ち着かせます。
・全員で基本練習。単独練習も皆で元気よく。
・友達と相対練習(二人一組で修練しお互いに励ましあう心を育ってる。
・お話・勉強の時間が必ずあります。(身体と心の両方をバランスよく修練します)

少年・ご家族の方へ