TOPペ-ジ 道院長の一言 少林寺拳法とは 六つの特徴
創始者宗道臣の経歴 年間行事 両道院の歩み 所属拳士一覧
道院長プロフィ-ル 自他共楽 道場外観 福井旭道院修練場
福井成和道院修練場 少年・家族・女性の方へ 一般・年配の方へ 導院ブログ(コミュニケ-ション)
少林寺拳法福井県連盟 少林寺拳拳法本部ホ-ムペ-ジ 整体院ホ-ムペ-ジ 整体院ブログ
少林寺拳法創始者宗道臣の経歴

1911(明治44)年2月、岡山県作東町(現美作市)生まれ。
17歳の時、中国に渡り、大陸を駆けめぐる。その間、縁あって崇山少林寺の流れを汲む文太宗老師の知遇を得てその門に入り、各種の拳技を習得する。
ソ連軍政下の中国東北(満州)の地で敗戦を迎える。
敗戦直後の極限状況下で、人間の赤裸々な行動を目の当たりにし、法律も軍事も政治の在り方も、リ-ダ-となる、「人の質」にあることを確信する。そして、真の平和を達成するためには、慈悲心と勇気と正義感の強い人間を育てる以外にないと決心する。
1947(昭和22)年10月、香川県多度津町において、力愛不二の”教え”と自己確立・自他共楽を旨とする”技法”を中心とした、社会に役立つ人づくりの教育システムを考案して、拳禅一如の「少林寺拳法」を創始、少林寺拳法師家となる。1980(昭和55)年5月逝去。